常盤台の町並み
a0037309_0423956.jpg

東武東上線の「ときわ台駅」から広がる町並みは、昭和初期に東武鉄道によってつくられた閑静な住宅街です。
江戸東京たてもの園には常盤台写真場が移築・保存されています。
現在の常盤台の住宅は殆ど建て替えられていますが、町並みはつくられた当時の面影が残っています。
道路は緩やかにカーブを描き、町全体がやさしく包まれています。
a0037309_0484252.jpg

道の真中には中央分離帯のように街路樹が植えられ、袋小路になったつきあたりには
クルドサックと呼ばれるロータリーのようなものがあります。
[PR]
by neko-punch299 | 2004-09-24 00:52 | 街あるき